自分の悪い癖って、自覚があってもなかなか直すのは難しいですよね。何回も同じ失敗をしては「私ってだめだなぁ」なんて凹んだり、思い悩んだりする人は少なくないでしょう。でも、ちょっとしたきっかけで人は案外、簡単に変われるものなんですよ。

今回は、そんな悩みを解決した方の体験談です。

自分のだめなところをなおすには

『自分のこういうだめなところをなおしたい!』と思っている人は、本を読んでみることをおすすめします。
なぜ悩みを解決するのに本がおすすめかというと私自身が変われたきっかけになったからです。

私は仕事などで、まだ期限があるからとすぐに取り掛からず期限前日になって急いで提出していつも上司に怒られているような『やらなければならないこと』をどんどん後回しにしてしまう性格でいつも悩んでいました。
『やらなければならないことがあるのになぜかできず、怠慢でだめな性格の私』と思いこんでい半分諦めていました。

しかしそんな私に変えるきっかけをあたえてくれたのがふらっと立ち読みした『すぐ行動できるようになるための脳科学』について書いてある本でした。

 

だめな私を変えてくれた一冊の本

その本を読んだ私はやらなければならないのにできないのは怠慢な性格が原因ではなく、ほかに原因があると気づき衝撃を受けました。その本を読むまでは『そんな簡単には変われない』と思っていましたが本に書いてあった内容がすぐ試せるものであったため『これなら変わることができるかもしれない』と変わろうと強く思えるようになりました。それからというものいろんな脳科学や心理学について気になった本を片っ端から読んで実践してみました。

その結果今では上司からも変わったとほめて頂くことが多くなり、あれほど悩んでいた『すぐ行動できない』と悩みもなくなりました。

 

知識を広げることが解決への糸口

私の場合は本を読むことで、一人では考えもしなかった脳科学という方法を味方につけることができました。本の力は偉大です。
きっと本を読まなければ今も私は変わることができず悩んでいることだろうと思います。
本を読むことによって自分が知らない知識を得たり、自分が体験していない経験をしている人たちの意見を聞くことができます。
今自分が悩んでいることに対して解決してきたであろう人の本を読んでみると私のように意外な解決法を発見できるかもしれません。
悩んだときは本に頼ってみることをおすすめします。

『すぐ行動できる人』に変われた3つのSTEP

最後に私が効果的だった3つのSTEPを簡単に書いておきますのでよかったら参考にしてください。

STEP1.考え方を直す

①『やる気が起きてからやる』では永遠にやる気は起きないのでやる気が出るのを待たないようにする
やる気が出たら行動ではなく、先に行動から始めること。

②『やらなければならない』と思わないようにする
思えば思うほどできなくなるので『やらなければならない』と思うことを今からやめてしまいましょう。

③『やれば未来の自分が上機嫌になる』と考える
『やらなければならないこと』を済ませると大概気分がよく、軽くなります。

STEP2.20秒ルールについて理解する

20秒ルールとは、『やらなければいけないことに取り掛かるまでの時間を20秒少なくすればすぐに取り掛かれるようになり、逆にやってはいけないのにやってしまうもの(スマホやゲームなど)はやるまでの時間を20秒伸ばせばやらなくなる』というものです。

STEP3.STEP1,2を踏まえてとりあえずすぐ出来そうなものからやってみる

とり組んでしまえばやる気はおのずと出てくるので、取り掛かるまでに20秒かからないものから始めてみましょう。

 

【関連リンク】
全国の実力派鑑定師が勢揃い!あなたを幸せに導く電話占い|sponsored:提供元ティファレト
姓名判断|あなたに秘められた、運命を切り拓く可能性
人生占い|あなたが「幸せな運命」を引き寄せるためには?
性格占い|気を付けて!死角になっているあなたの最大の弱点
性格占い|姓名判断で解き明かす、あなたの本来の性質

人気の記事

おすすめの記事

人生体験談】の最新記事
  • 人生体験談|もう怖くない!人間関係恐怖症から抜け出す3つの方法
  • 人生体験談|恵まれている人生は充実していたか?充実した人生とは?
  • 人生体験談|職場に上手く馴染めず辛いときの対処法とは?
  • 人生体験談|ダメダメな自分が変わることができたきっかけ
  • 人生体験談|ブスという自己肯定感の低さはちょっとやそっとじゃ治らない
あなたへのおすすめ