「私たち結婚しました。」「子供が生まれました。」SNSで連絡をくれる友達はみんな幸せそうにしているし、年賀状が届くたびに、仲のよさそうなご夫婦やお子さんの可愛い写真にため息をついていました。

そうやって周りがどんどん結婚して、自分だけが取り残されているような気がして、孤独感にさいなまれていました。

 

出会いはあったけれど……

 

そんな時、ある年下の男性と出会いました。

同じ職場で顔を合わせるたびに挨拶を交わし、それが昼休憩での談笑になり、帰り道が一緒になって笑いあい、とずいぶん仲良くなりました。

 

「今度一緒にご飯でも行きましょうよ」と笑って話しかけてくれ、「そうだね、また今度」と答えるものの、私にはひとつ不安がありました。

 

それは彼が10歳年下だということ。

 

年齢差が邪魔して……

 

自分の中に彼のことをいいなと思い気持ちがあるのは気付いていました。

 

でも、そこまで年下であるならば、彼からしたら私は仲の良いお姉さん、もしくは職場のおばさん程度にしか思っていないのかもしれない。

 

ひょっとしたら、盛り上がりかけているのは自分だけで、彼は内心バカにしているのかもしれない。

 

そう思い始めると、彼の「ご飯に行こう」というお誘いに「じゃあいつにする?」などと明るく返せなくなってしまっていました。

 

もちろん彼にそれとなく確かめるのが一番早いんでしょうけど、そんな勇気は出ません。

相談相手は友達にはいない……

 

友達のことを信頼していないわけじゃないけれど……

 

「10歳も年下の子に恋してる」なんて話したら、誰も本気だとは思ってくれないだろうし、聞いてはもらえても、いよいよ痛い女だと思われるんじゃないかって。

 

両親にはあれこれ言われたくないし、身近な人に相談するのは抵抗がありました。

 

他に相談する相手のあてもなく、以前から何度か目にすることがあった占い師さんがたくさんいる「占いセンター」のようなところに出向いてみることにしました。

 

占ってもらったらすっきりするかもしれない、そう思いました。

 

占い相談をしてみることに

 

そこは悩みに応じてぴったりの占い師さんを紹介してくれます。

 

私が「好きな彼とお付き合いできる可能性があるのか知りたい」とカルテに記入すると、一つのブースに通されました。

 

霊感で彼の気持ちを探ってくれる女性の先生のブースでした。

 

自分の生年月日、彼の生年月日を告げると、その占い師さんは「彼の顔を思い浮かべてみて」といいました。

 

私が彼のことを思っていると「もう大丈夫ですよ。はい、彼は年齢の割にはしっかりした考えを持っている男性です。

 

周りで結婚している人は少ないかもしれないけれど、それでも彼は自分の家庭を築きたいという強い願いを持っている人です。

彼はあなたにいい加減な気持ちで近付いているのではないと思いますよ」と教えてくれました。

 

占い結果を信じるか迷う

 

もちろん占い師さんの言葉は嬉しかったのですが、つい、「本当ですか。なんだかそんな気がしなくて」と後ろ向きな返事をしてしまいました。

 

「どうしてそう思うの」と聞かれたので、彼に食事に誘われているが、単なる社交辞令のような気がすると答えました。

 

すると占い師さんに「あなたに足りないものは自信です。せっかく彼が勇気を出してあなたにサインを送っているのに、どうして気付かないふりをしているのですか」と言われ、心が苦しくなるのを感じました。

 

私が口ごもっていると続けて「彼は誠実な男性で、恋愛と結婚がイコールな男性です。そして恋愛に対しても非常にまじめな考えを持っています。守護霊に聞いてみましたが、今、彼にはほかに気になるような特別な関係の女性はいませんし、あなたにアプローチしているのは真剣な気持ちからですよ」と言われ、ちょっとびっくりしてしまいました。

知ると知らないとでは大違い

 

「じゃあこのまま一緒に食事に行って、私がもっと好きになってもいいってことですか」と尋ねると、「はい、彼とお付き合いするように進んでいってもあなたが傷つくことはありません。守護霊もイエスと言っています」と答えてもらいました。

 

その占い師さんとお話したのはたった20分くらいでしたが、帰るころにはすっかり気持ちが軽くなっていました。

 

でも今まで、彼のほうからいろいろとアプローチしてきてくれていたのに、私の自信のなさが逆に彼を傷つけてしまっていたかもしれない。

次こそは自信をもって彼と接しようとその時心に決めました。

 

勇気を出して

 

その後、また彼と帰り道が一緒になったときに「そういえばお腹すきましたね」という彼の言葉に、ためらうことなく「じゃあどこかで食べて帰らない?」と言うことが出来ました。

 

その日は、彼がまた声をかけてくれたことに感謝しながら、余計なことは考えずにただ彼との食事を楽しみました。

 

そのときの誘いをきっかけにたびたび食事に行くことになり、2カ月経った頃に彼から告白されました。

 

やっぱり一瞬たじろぎましたが、以前の占い師さんの言葉が脳裏に残っていたんだと思います。すぐに気を取り直して私からも気持ちを伝えて付き合い始めることになりました。

 

自分だけで考えていると視野が狭くなりがちですし、アドバイスを求めて身近な人に気を使わせてしまうくらいなら、

まったく他人の言葉を聞いてみるのも大切なんだろうなと思います。

 

今回はあの占い師さんの言葉で勇気が出て、何歩も前に進むことが出来ました。

人気の記事

おすすめの記事

恋愛体験談】の最新記事
  • 恋愛体験談|『ダメ男』とばかり付き合ってしまう…恋愛依存だった私が変わることができたきっかけ
  • 恋愛体験談|崖っぷちから大逆転!バツイチアラフォーの私が運命の人に出会うまで
  • 恋愛体験談|彼氏依存をやめたい…どうしたらやめられる?依存体質の治し方
  • 恋愛体験談|片思いの恋を叶えた簡単心理学
  • 恋愛体験談|片思いの時にしていた勘違い行動
  • 恋愛体験談|復縁の冷却期間は長い方がいい?年単位待ってみた結果
  • 恋愛体験談|無理そうな片思いを成就させるには?片思いを楽しむ方法
  • 占い体験談|結婚できなくて焦っていたけど…自分を深く知ることで視えてきた希望
  • 恋愛体験談|切ない恋心、勇気を出して告白したら…『いつの間にか終わった片思い』の話
  • 恋愛体験談|不倫がドロ沼化する前にやめる方法
あなたへのおすすめ