お付き合いをしていると、彼と喧嘩をしてしまう事もありますよね。
喧嘩はほとんどのカップルにとっては避けられないものではないでしょうか。場合によっては喧嘩をしてから仲直りできずに別れてしまう事もあります。

しかし喧嘩をする事はその後カップルの絆がとても深くなる大きなきっかけにもなり得るのです。

今回は、恋愛で沢山の失敗を積み重ねながら男性心理を学び、現在は彼とラブラブ同棲生活をしている筆者が、彼と喧嘩した時に絆が深まる仲直りのコツをご紹介したいと思います。

LINE等のメッセージで気持ち伝えるのはNG

 

喧嘩した時、怒りや不安などの感情が後から後から湧き上がってきて、その感情を相手にぶつけたくなりますよね。
“早く解決したい”“誤解を解きたい”“許せない”等と焦ってしまい、LINE等で長文のメッセージを送ってしまう事はよくある事です。
しかしこれは非常に危険です。
冷静でない時に作った文章は、内容が理解されにくい事もあるし、自分の気持ちと違って伝わってしまう事もあります。
わたし自身、喧嘩後に彼に長文を送って、主語が抜けていたために逆に誤解されてこじらせてしまった事があります。

喧嘩後は、なるべく直接会って話しをするか、難しければ電話で話しをしましょう。
お互いに相手の顔を見ながら、肉声を聞きながら話す事で、文章には出来ない本当の気持ちを伝えあう事ができます。

良い事と悪い事と一緒に本音を伝える

 


喧嘩をすると、悪い事だけ言って相手を責めるか、仲直りするために良い事だけ言ってその場を取り繕おうとするかのどちらかになりがちです。
喧嘩をした時は、全力で“本音”を伝える事でその後のお互いの絆を深める事ができます。
“本音”には必ず良い事と悪い事の両方が存在します。
その時喧嘩したとしても、相手は悪いところだけではないでしょう。
必ず相手が居てくれたから幸せを感じる時間も沢山あったと思います。

悪い事だけ並べても、言われた方は“そこまで悪くないし”と感じてしまいます。
また、悪い方の本音は隠して良い事だけ並べても相手にはその場を取り繕う為の言葉である事が自然と伝わります。
良い事も悪い事も“本音”を嘘偽りなく全て伝える事で説得力は増し、相手の心は動くものです。
嫌われるのが怖くて悪い本心を隠したり、相手を攻撃したくて良い本心を隠したりするよりも、
良い事も悪い事も全て伝える事で逆に絆が深まり仲直りできる事の方が多いのです。

実際にわたしは彼と喧嘩をした時、彼の悪いところと良いところと全力で本音を伝えているうちに、
自分は“やっぱり彼が大好きなんだ”と改めて気付き、それが相手に伝わって喧嘩直後にラブラブモードになる事がありました。

まとめ

 

以上が喧嘩した時に絆が深まる仲直りのコツになります。
思い当たるところがあれば、参考にしてもらえればと思います。
喧嘩しながらどんどん絆を深めてかけがえのないパートナーシップを築いていきたいですね。

 

【関連リンク】
『あなたの恋を応援します』人気鑑定師が勢揃い!恋の悩みに効く電話占い|sponsored
相手の気持ち占い|今のあの人にとって、私はどういう存在?
相性占い|彼と末永く幸せな関係でいるためには?
相性占い|彼氏とうまくいかない…原因は何?
タロット占い|大好きな彼があなただけに見せる愛情表現

人気の記事

おすすめの記事

恋愛体験談】の最新記事
  • 恋愛体験談|不倫がドロ沼化する前にやめる方法
  • 恋愛体験談|切ない恋心、勇気を出して告白したら…『いつの間にか終わった片思い』の話
  • 恋愛体験談|結婚する気がない彼…もう見切りをつけるべき?
  • 恋愛体験談|男性心理から学ぶ!大好きな彼に末永く一途に愛される秘訣
  • 恋愛体験談|結婚間近でケンカ別れした彼と復縁できたきっかけ
  • 恋愛体験談|迷走していた私が運命の結婚相手と出会うまで
  • 恋愛体験談|不倫の恋に苦しむ私を変えた、奇跡の出会い
  • 恋愛体験談|連絡が来ないのは何故?占いで知る好きな人の本当の気持ち
  • 恋愛体験談|好きな人のことをもっと知りたい。でも、話しかける勇気がなくて…
  • 年下の彼への片思い…叶ったきっかけはショッピングモールでした|恋愛体験談
あなたへのおすすめ