恋愛について悩んでいた時期のこと。
当時は空回ってばかりで、どんなにあがいても状況が変わらず、悩んだ結果占いで視てもらうことにしたんです。

ホロスコープで視えてくる、生まれ持った私の運勢

占い師の方にお願いしたところ、ホロスコープの出生図から視てもらうことができました。

まずは私がもつ運勢について。出生図から分かったことは『非常に厳しい環境でも、耐え忍び、目標に向かってまいしんしていくような運勢を持っている』『苦労を背負い込み、損な役回りばかりとなってしまいそうな、相反した運勢を持っている』ということでした。

特に女性性を表す星が、『凶座相、及び天王星という変化変動をもたらす星から傷つけられているため、女性としての役割だけに徹すると、エネルギーが循環せず陰鬱な気持ちに苛まれ、心落ち着かずストレスを感じることが多い』『人と気兼ねなく接することに安らぎを感じる気質を持っている反面、達成感を得て、優れた人であろうとする運勢との矛盾を抱え、人との距離感を測りかねた末に、余裕がなくなり、心を閉ざしてしまう可能性も秘めている』と教えてもらいました。
また、『太陽、土星、冥王星を結ぶと、Tスクエアという困難を表す座相ができるので、周囲に対する影響力がある』とのことでした。

そして、細かくみてもらうと、『さそり座天王星が、インスピレーションをもたらしてくれる。今の年齢域を表す1ハウスの火星が、5ハウスキロンから吉角で影響を受けている』『この火星は、4ハウス木星からも凶座相で刺激されているので、自分の力で何かを成し遂げたくなる衝動性が強められる。いて座は夢を追うことの象徴でもあるため、まさに運気の波にのっている』ということがわかりました。

つまり私は、マイナスの面とプラスの面が相反している運勢だということがわかり、安堵感を得る事ができました。

浮き沈みが激しいと思っていても、その運気をどうやって切り開いていいか全くわかりませんでした。でも、出生図によって生まれもったものだという認識をある程度もてたことで、割り切ることができるようになったんです。

生まれもったこの質をうまく使ってこそ、生きやすくなることも教えてもらいました。

「空回ることも無駄じゃない」占いで気づけた大切なこと

運気が低迷しているなと感じる時は「今それが必要な時期なのだ」と思うことにしてみると、不思議なことにその期間の苦悩がうそのように消えていきました。わからないと不安や心配でいっぱいになってしまいますが、わかってしまうと納得ができ、思いが逆に運気を好転させてくれるように感じました。気持ちの持ち方で、自分のモチベーションがコントロールできるようになってきました。いろいろな経験をすることで割り切り方も学ぶことができるということを実感しました。

経験は、財産に変わりますし、自分だけの武器にもなります。
後ろ向きに考えてしまう傾向がありましたが、先生にみてもらって、本来の自分自身を知ることで運気というものはどんどんあげることができるようになりました。そして、運命はいくらでも自分で切り開いていけるという意味がこの時から少し感じられるようになってきたのです。

自分の力を信じて、前に進んでいくことが自分らしく、生き生きとした人生を送ることができることなのだと気付くことができました。
わかったことをどう自分の中で変換させていくかによって、今後の人生が明るくなっていくんだと知ることができた体験でした。

 

【関連リンク】
「悩み事があるなら…」経験豊富な占い師が送る人生のアドバイス!電話占い|sponsored
占い体験談|「生きづらさ」を感じる理由は?環境を変えるアドバイス
占い体験談|嫁姑問題で心が病みそうな時、助けてくれたのは…

人気の記事

おすすめの記事

占い体験談】の最新記事
  • 占い体験談|ありのままの自分を好きになることの大切さ
  • 占い体験談|私のやりたい仕事って何?前向きな未来を歩むためのアドバイス
  • 占い体験談|自分の運命を見つめ直すことでわかる、良い運勢の引き寄せ方
  • 占い体験談|筆跡鑑定でわかった私の恋の弱点
  • 占い体験談|ホロスコープで気づけた、運気を好転させる生き方
  • 占い体験談|「生きづらさ」を感じる理由は?環境を変えるアドバイス
  • 占い体験談|ママ友との人間関係をあっけなく改善できた方法
  • 占い体験談|年の差結婚の悩み。将来が不安な気持ちを解消するには…
  • 占い体験談|嫁姑問題で心が病みそうな時、助けてくれたのは…
あなたへのおすすめ